HOME -> 予防接種

予防接種

当院では以下の予防接種を実施しています。予防接種は予約制となっております。
診療時間内にお電話(042-452-5801)にてご予約をお願いいたします。

予防接種問診票ダウンロード・印刷はこちらから 予防接種予定表ダウンロード・印刷はこちらから

任意予防接種

■ インフルエンザ

インフルエンザに対する抗体ができ、かかりにくくなります。
成人は1シーズン1回、生後6か月から12歳までのお子さんは2回接種するのがおすすめです。

■ ロタウイルス(5価生ワクチン:ロタテック)

1回接種料金 3回経口接種 1回 11,000円(税別)

ロタウイルスによる感染性胃腸炎を予防するワクチンです。
このワクチンの接種によりロタウイルスに対する抗体ができ、重症化を防ぐことができるとされています。ただし、ロタウイルス以外のウイルス性胃腸炎を予防することはできません。
ロタテックは、5価生ワクチンになります。接種年齢は、生後6~32週で、1回目は生後14週6日までが望ましいとされています。それぞれ4週以上あけて3回経口摂取します。

ロタテックスケジュールはこちらを参照 > 詳細はこちら

■ おたふくかぜ

1回接種料金 6,500円(税別)

接種年齢は1歳以上です。1歳と小学校入学前1年間の2回が推奨されています。
ワクチンの接種スケジュールはこちら

■ B型肝炎

1回接種料金 7,500円(税別)

4週あけて2回、1回目から20-24週あけて1回で、計3回うけます。母子感染予防の場合は、接種投与時期が異なります。
ワクチンの接種スケジュールはこちら

■ はしか・風疹(MRワクチン)

1回接種料金 12,500円(税別)

麻しんウイルスと風しんウイルスの病原性を弱めたものを混合してつくられた生ワクチンです。はしか・風疹のワクチンを別々に投与するより一度で済むなどの利点があります。自治体によっては、MR混合ワクチンを勧めています。

■ はしか

1回接種料金 6,500円(税別)

はしかは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできないので、予防接種が最も有効な予防法と考えられます。ワクチンを2回接種することが有効とされています。はしかは、大人でかかると肺炎・脳炎になるなど重症化し後遺症を残すことがあります。妊娠中はしかワクチンを投与することができません。中国、インド、モンゴル、パキスタンなどへの海外渡航を検討されている場合にも接種をお勧めします。

■ 風疹

1回接種料金 6,500円(税別)

風疹の予防は予防接種が最も有効な方法といわれています。既婚男性で奥さんが妊娠を検討されている場合、また海外渡航を計画している方で風しん罹患歴や予防接種歴が明らかでない場合は予防接種をご検討ください。
[特に、娠初期の女性が風疹にかかると胎児が風疹ウイルスに感染することがあります。この場合、先天性風疹症候群といって、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊娠中の風疹の感染を予防するために、妊娠前に風疹ワクチンを投与することが有効です。(妊娠出産年齢の女性に風疹ワクチンを接種する場合、生理中あるいは生理直後が望ましく、投与後は2か月避妊する必要があります)]

■ 水痘

1回接種料金 8,500円(税別)

「みずぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスによって発疹がでる病気です。発熱や、皮膚の表面が赤くなる発疹で、水疱になってかさぶたになって治ります。重症化することがあり、小児では、熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症をおこします。また、成人に水痘が発症すると重症化するリスクが高いことがわかっています。
現在は定期接種が施行されていますが、個々のケースで対応が異なります。
2014 年 10 月の定期接種化の前段階で
① 水痘ワクチンを 2 回接種している方:接種完了、それ以上の対応の必要なし
② 水痘ワクチンを 1 回接種している方:
・1 歳以上 3 歳未満:初回から 3 か月以上あけて 2 回目を接種(定期接種)*
・3 歳以上 13 歳未満:初回から 3 か月以上あけて 2 回目を接種(任意接種)
・13 歳以上:初回から 4 週間以上あけて 2 回目を接種(任意接種)
* なお、3 歳未満で 1 回目の接種を行い、2 回目が 3 歳以上となる場合は、2 回目の接種は任意接種となる。
③ 水痘ワクチンを接種していない方:
・1 歳以上 3 歳未満:初回接種(定期接種)を速やかに行い、初回接種から 3 か月以上あけて 2 回目を接種(定期接種)
・3 歳以上 5 歳未満:初回接種(定期接種)後、3か月以上あけて 2 回目を接種(任意接種)
・5 歳以上 13 歳未満:初回接種(任意接種)を速やかに行い、初回接種から 3か月以上あけて2 回目を接種(任意接種)
・ 13 歳以上:初回接種(任意接種)を速やかに行い、初回接種から 4 週間以上あけて 2 回目を接種(任意接種)

■ 破傷風

1回接種料金 4,000円(税別)

破傷風感染は、土中や動物の糞便中に認められる破傷風菌によって筋肉の痙攣をきたします。動物に咬まれて,あるいは人工中絶などで感染することもあります。職業やスポーツ等の実施状況により土壌や汚泥に触れることが多く外傷が見込まれる場合には接種をお勧めします。まず、破傷風トキソイドを、4~8週間隔で2回接種し、6か月以上あけて(通常12~18か月までの間に)もう1回接種することが望ましいとされています。外傷後の破傷風発症予防で使用した場合には保険の適応になります。

■ A型肝炎

1回接種料金 8,500円(税別)

中国、インド、東南アジア諸国、中東諸国、南アフリカ諸国、南米諸国などへの、海外赴任・出張、旅行目的で接種される方は、最低2回接種してから出発しましょう。2回目の投与は、1回目から2-4週後に行います。ワクチンの効果がでるのは、2回目投与2週後といわれています。長期滞在される場合には、6か月~24か月後に3回目を投与することが望ましいとされています。

定期予防接種

当院では、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオワクチン)、2種混合(ジフテリア、破傷風)、MRワクチン(はしか・風疹混合ワクチン)、ムンプスワクチン(東久留米在住の方は、1歳児1回のみ2、000円の助成があります)、水痘ワクチン、B型肝炎、日本脳炎ワクチンの投与を行っています。定期予防接種は、ワクチンによって接種期間が決まっています。予診票を確認していただき、早めのご予約をお願いいたします。

TEL : 042-452-5801

投与スケジュールはこちらを参照

定期接種の際には、予診票と母子手帳の持参をお忘れにならないようお願いいたします。予診票をお忘れの場合には接種できない場合もございます。ご注意ください。 なお、母子手帳は予防接種の記録のため必ず持参下さい。
成人肺炎球菌予防接種(PPSV23:23価多糖体)

肺炎球菌

東久留米市、後期高齢者の方で初めて肺炎球菌ワクチンを接種される場合は5,000円になります。