HOME -> 自費診療 -> あたまの健康チェックのご案内

あたまの健康チェックのご案内

あたまの健康チェック

あたまの健康チェックとは

あたまの健康チェックは、10分程度で行える簡易なテストで、記憶や決断に関わる機能を判定し、軽度認知障害(MCI)(※)と呼ばれる微細な認知機能の低下を97%という高い精度(※)で判別するものです。

テストは、質問に回答する形式で、回答がデータベースシステムで解析され、結果はレポートとして提供されます。(当院でもあたまの健康チェックカードを取り扱っています) MCIの疑いありと判定された場合や認知機能低下の兆候がみられる際には、当院にご相談ください。内科的対応を行います。必要に応じ専門医にご紹介をすることも可能です。

あたまの健康チェックカード   3,500円(税別)

あたまの健康チェックカードの詳細は以下をご覧ください。また以下のリンクからもカードの購入は可能です。

あたまの健康チェックカード

健康チェックによる検査にて異常が見つかりましたら、当院にご来院下さい。

あたまの健康チェックとは

米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリーをベースに米国のMedical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供される専門家以外でも行える認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の早期発見のためのツールです 。

米国カリフォルニア州 Hoag(ホーグ)記念病院脳神経科学研究所Dr.Shankleらによる各種画像診断などとの正確性比較実証調査の結果、これまで画像診断以外では判別が困難であった軽度認知障害(MCI)と自然老化による物忘れとを97.3% の精度で判別ができることが学術データとしても証明されています。

軽度認知障害MCIについて

認知症の早期予防や治療の開発に伴い軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)ということばが認知症の前駆状態を意味する状態という意味で使われるようになってきました。
このMCIの原因となる原疾患が放置された場合、多くの場合認知機能の低下が続き認知症へとステージが進行することとなります。MCIの方が、将来必ず認知症になるとは限りません。そのまま治療を受けなくても、半数は認知症にならないと言われています。しかし逆に言えば、何もしなければ半数の人は認知症になる可能性があるということになります。 軽度認知障害(MCI)の段階で早期発見できれば適切な生活習慣改善などの予防や治療・服薬により認知症への進行や発症を遅延させることができ、その症状が出る前に寿命を迎えるケースも多くあるという報告もあります。

厚生労働省は平成24年8月24日の推計発表で2025年までに認知症人口が470万人と総人口の4%にまで急増するとの見解を示しましたが平成25年6月1日の研究班調査推計ではすでに462万人に達しその予備軍とされるMCI人口も400万人存在すると発表しています。

認知症MCI人数

どんな人があたまの健康チェックを受けるべき?

だいたい50歳過ぎから、多くの方が「最近物忘れがひどくなった」と感じるようですが、年齢に関わらず、記憶力の低下が気になる方に検査をお勧めします。ご自身の状態を的確に把握するうえでも定期的なチェックは有効です。

あなたにはあたまの健康チェックは必要?

注意:あたまの健康チェックは認知機能の一般的な評価を提供することを目的としたもので、認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたものではありません。