HOME -> 診療科目 -> シミ

シミ

皮膚に紫外線があたると角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こります。ケラチノサイトに異常が起こると、色素細胞から過剰にメラニンが作り出されます。またホルモンは色素細胞にメラニンを多く作らせます。それによって過剰に作り出されたメラニン色素は、皮膚のターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうのです。それがシミの原因です。
また、皮膚のターンオーバーの乱れも排出出来ない理由の1つで、加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因によることもあります。

シミといっても、いくつか種類があり、原因はもとより、それぞれの形状、出る場所、治療法も異なります。

老人性色素斑(日光黒子)

年齢を重ねた時にもっとも出来やすいシミで、一般的に「シミ」と呼ばれているシミでもっとも多いものです。ほお骨の高いところやコメカミにできやすく、数㎜~数10㎜ほどの大きさの平坦で丸い色素斑です。原因は、日常的に繰り返し紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴びたりすることにより、皮膚のメラニン細胞が活性化して、過剰なメラニンを作るために起こります。顔の中心より外側に多くできる傾向がありますが、紫外線があたりやすい手の甲や腕、肩などにみられることもあります。年齢と共に数が増加し、色も濃くなり、放置すると皮膚が盛り上がってきて、脂漏性角化症になるケースもあります。

治療方法

シミ(老人性色素斑)の治療は、第一選択はレーザー治療(QスイッチYAGレーザー/マイキューデュアル)になります。レーザーはシミなどの色素細胞のみを選択して壊すことができるため、正常な皮膚へのダメージを最小限にしてシミの色素だけを壊すことが出来ます。
レーザー以外の治療法としてハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシルなどの美白効果のある外用剤、ビタミンC,トラネキサム酸などの内服薬で治療を行います。

治療後のケア

老人性色素班の発生予防には何と言っても紫外線から肌を守ることです。そのため、日ごろから日焼け止めクリームを使用し、夏場は帽子や日傘など更なる遮光を心がけることが大切になります。 紫外線予防のためにヘリオケアなどの飲む日焼け止め、ヘリオケアジェルなどの外用タイプのサンブロックを併用することをお勧めします。


頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。30~40代の女性によく見られ、閉経とともに消えるので、女性ホルモンが関係していると言われています。また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。
マイキューデュアル(YAGレーザー)によるレーザートーニングやハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシル などの外用剤、ビタミンC,トラネキサム酸などの内服薬で治療を行います。
さらに紫外線予防のためにヘリオケアなどの飲む日焼け止め、ヘリオケアジェル などの外用タイプのサンブロックを併用することをお勧めします。
詳細は肝斑のページをご覧ください。 こちらをクリック

そばかす(雀卵斑)

鼻を中心に1~4mmくらいの小さい茶褐色の斑点が、左右対称に散らばったようにでるのが特徴です。鼻周辺、瞼の上や額、口周囲などが現れやすい部位ですが、背中・胸元・首・肩・手などにもできます。純粋にそばかす(雀卵斑)だけが出ているという方は少なく、他のシミやアザが混在することが多いです。
幼少期から思春期にかけて女性に現れることが多く、紫外線や妊娠、出産で悪化する場合があります。また季節により色が変化することも特徴で紫外線が強まる春から夏にかけては目立ちやすくなることがあります。
原因は、他のシミ同様、肌の代謝が低下することにより、メラニン色素が排出されずに皮膚に沈着しているために起こりますが、遺伝的な要因も大きく、色白で日焼けしても赤くなるだけの、体の色素が薄い方によく見られます。

治療方法

当院ではそばかす(雀卵斑)の治療はレーザー治療をお勧めしております。そばかす(雀卵斑)は症状が広範囲にわたるケースが多いため、一度に広い範囲への施術が可能でダウンタイムが少ないQスイッチYAGレーザー/マイキューデュアルによるレーザートーニングが選択されます。治療回数は程度にもよりますが、5-6回程度必要です。
多くの場合、そばかす(雀卵斑)の治療はレーザーだけではなく外用薬による治療も併用しています。
そばかす(雀卵斑)の治療では、特にハイドロキノンやルミキシルといった美白剤を中心とした外用薬や、内服薬としてビタミンC、トラネキサム酸などを処方します。

治療後のケア

そばかす(雀卵斑)は再発しやすいとされるため、普段から紫外線を避ける注意が必要です。紫外線予防のためヘリオケアの内服または外用剤を使用することを推奨しています。また、強い刺激やオイルは再発の原因となるため、日頃のスキンケア方法も重要です。刺激の強い洗顔料は避け、クレンジングも優しく行ってください。オイルが多く配合されている化粧品は、ソバカスを増やす可能性がありますのでお気を付けください。 再発予防のため、院内でホームケア化粧品を販売しております。ご相談ください。

脂漏性角化症(老人性疣贅、老人性イボ)

イボ状に盛り上がった状態のシミで、色は肌色、茶色、黒色まであり様々で、触った感触がザラザラする光沢のないシミです。初めは1~2mm程度で平らであったものが、シミの角化が進み、盛り上がったり、突出したしこりになったり、徐々に大きくなっていくこともあります。そのため、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性イボとも呼ばれます。疣贅といっても通常のウイルスによる尋常性疣贅と異なり、加齢による肌の老化により角質の構造が異常になるために発生します。老化現象の一つであるため、誰にでも発症する可能性があり、30歳以上の男女の手のひら、足の裏以外の皮膚であればどこにでも発生しますが、特に頭・顔・体・上肢に多く見られます。老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症になるとも言われています。

治療方法

脂漏性角化症は保険適応での治療は液体窒素の治療となります。ただし、治療に時間がかかることと、治療後に炎症後色素沈着が出る可能性があります。
当院では脂漏性角化症は皮膚が盛り上がっているため、イボやホクロの治療に用いる炭酸ガスレーザーを用いて、膨らんだ部分の細胞組織を除去する治療(自費診療)をお勧めしております。さらにシミ(老人性色素斑)が混在している場合はQスイッチYAGレーザーを組合せた治療となります(別途シミに対するレーザー治療の料金が必要となります)。
症状を放置することで大きくなったり数が増えたりする可能性があるため、早い段階での治療を推奨いたします。

治療後のケア

加齢性の変化で生じますが、紫外線を多く浴びることにより生じやすくなるため、日焼け対策が予防として重要です。紫外線予防のためにヘリオケアなどの飲む日焼け止め、ヘリオケアジェル などの外用タイプのサンブロックを併用することをお勧めします。