HOME -> 診療科目 -> 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足底)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。人によっては足と手のほかにスネや膝にも皮疹が出ることがあります。皮疹は小さな水ぶくれ(水疱)が生じ、次第に膿疱に変化します。その後、かさぶた(痂皮)となり、フケのように皮膚の表面(角層)がはげ落ちます。症状によっては膿疱と痂皮が混じった状態になります。病気の出始めにはかゆみを伴うことが多いです。また、鎖骨や胸の中央(胸鎖肋関節症)やその他の関節が痛くなることがあり、胸痛で内科を受診する患者さんもいます。足の皮疹は水虫によく似ているので、鑑別のために水虫を起こすカビ(白癬菌)がいるかどうか検査する必要があります。
原因ははっきりとはわかってはいませんが、扁桃腺や歯、鼻などに細菌による慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。医学的にはこのような慢性炎症を起こしている病変を病巣感染と呼んでいます。内科や歯科で診察や血液検査を受け、病巣感染がないか確認する必要があります。さらに、日本では歯科金属(パラジウムなど)に対するアレルギーが引き金となり掌蹠膿疱症が発症した事例が報告されているため、銀歯をセラミックなどへの交換を考慮する必要があります。

掌蹠膿疱症の治療法

病巣感染や金属アレルギーなど、病気を悪化させる要因があれば取り除く必要があります。内科での抗生剤の投与や歯科での銀歯の交換が必要となります。これらの増悪因子がみつからない場合は、対症療法が中心となります。
治療には外用剤の塗布、内服薬、光線治療が主体となります。外用剤はかゆみが強かったり、新しい皮疹がたくさん出る場合は強いステロイド軟膏を使用し、良くなってきたら弱いステロイド軟膏や活性型ビタミンD3軟膏に変更します。内服薬はビオチン、ビタミン剤、場合によっては短期間のビタミンA誘導体の内服を行うこともあります。
光線療法ではナローバンドUVB照射療法が効果的であり、保険適応ともなっています。当院では積極的にナローバンドUVB照射療法を行うことをお勧めしております。

統計では平均で約3~7年で完治する場合が多いと言われています。
根気強い治療が必要となるため、あきらめずにしっかりと治療をしていきましょう。