HOME -> 診療科目 -> 巻き爪・陥入爪専門外来

巻き爪・陥入爪専門外来

事前にご予約をされることをお勧めします。
ご予約はお電話でお願いいたします。042-452-5801

当院の巻き爪・陥入爪専門外来では変形した爪に対して、積極的な治療をしております。以下の6つを患者さんにお約束いたします。

1、巻き爪・陥入爪をタイプ別に分類し、よく相談の上、適切な治療法を提案していきます。

2、最新の外科的療法・テーピング・コットンパッキングなど爪のタイプに合ったメリットの大きい治療を行っていきます。

3、痛くない治療を一番に心がけています。必要に応じて、経皮麻酔テープ・コールドスプレー等を使用し、痛みの少ない細い針を使用して局所麻酔を行います。

4、厚くて矯正が効きにくかった爪も、グラインダーを使用して薄くしてから治療するため高い効果が期待できます。

5、治療後も、再発予防のために正しい爪の切り方を指導いたします。また、自分自身で爪を切るのが難しければ、爪切りだけで受診しても大丈夫です。

6、足専門クリニック(足の診療所表参道)の分院であり、「何故巻いてきたのか?」巻き爪の原因を究明することが出来ます。そのため、今後の再発の予防に対しても適切なアドバイスができます。

他の施設で治療して再発した、他院において治療に時間がかかっている等々あれば是非当院で一度拝見させてください。

陥入爪・巻き爪について

陥入爪
深爪や足に合わない靴を履いたことにより、爪の端が圧迫され皮膚に食い込んだ状態です。炎症・感染・肉芽形成を起こし、痛みを伴います。
巻き爪
遺伝や生活習慣など原因は様々であり、特に爪が指先を抑える力と地面からの抵抗力のバランスが崩れると爪はまいてきてしまうことが多いといわれています。そのため、陸上選手やきつい靴を履く方に多いと思いきや、車いすに乗る生活になった途端に爪が巻いてきてしまう方もいらっしゃいます。
治療

1、手術治療 (保険適応)

当院の外科的療法で採用しているものはNaOH療法というもので、現在日本ではほとんど行われていない最新の治療法です。なるべく痛みの少ない局所麻酔で行い、手術時間は20分程度です。手術直後に歩いて帰宅出来ます。また、手術後の完治までの期間が短く、通院日数が少なくて済みます。また、手術後2日後より自分で洗浄処置をすることが可能です。手術料金は3割負担の患者様で10,000円程度です。
なお術前に別途血液検査が必要です。

2、外用による爪白癬治療 (保険適応)

一般的に爪白癬は通常は内服薬で加療します。その理由として、白癬菌の病巣が爪の奥まで存在し、爪に接触している皮膚(爪床・爪母)からの抗真菌薬が作用しないからです。しかし、肝機能に影響を及ぼす可能性のある抗真菌薬は肝機能障害のある方にはなかなか使用が難しく、治療を途中で諦めることもしばしばあります。しかし、この常識を打ち破ることが出来ます。なぜなら今までの医師はグラインダーで爪を削るということは殆ど行っておりませんでした。当院では白癬菌によって荒廃化した爪を一度削り取ってしまうことによって、外用薬だけでも十分な治療効果が出ることができます。