HOME -> 診療科目 ->ホクロ

ホクロ

ホクロでお困りの患者様へ 保険適応で治療可能な場合もあります
「ホクロ」と一口に言っても、平らなもの(黒子)、出っ張っているもの(母斑細胞性母斑)などいろいろな症状があります。ホクロなのか、おできなのかわからない場合もあったり、徐々に大きくなってくるホクロのようなおできもあります。
まずは、一度、ご相談ください。

保険診療でのホクロ治療

ホクロの大きさ、性状によって手術治療またはレーザー治療(炭酸ガスレーザー)かを選択して治療を行います。
(美容目的のホクロの切除やレーザーで1回に多くのホクロを切除する場合は自費診療となります。自費診療での料金は料金表のページを参照してください。

手術でのホクロの治療

局所麻酔をして、メスでホクロ・おできを切り取ります。手術はホクロを完全に除去することを第一に考えた場合の治療法です。術後は切除したホクロに悪性な細胞(基底細胞がん、悪性黒色腫など)がないか病理検査を行っております。
ホクロやおできの大きさや数、治療法にもよりますが、保険診療の治療費は3割負担の方で約?10,000~?16,000です(手術代・処方料・検査費用含む)。

レーザーでのホクロの治療

炭酸ガスレーザーでホクロを切除する治療です。
ホクロがあることによって機能的に問題が生じる場合は保険適応での切除が可能です。ただし、美容的な目的での切除や一度にたくさんの切除の場合は保険の適応になりません。

局所麻酔をして、レーザー光を照射して、その部分の組織を瞬時に蒸発させます。
傷の治り易いテープなどを貼り、治療後は少し凹んだ丸いキズになりますが、徐々に平らになっていきます。
場所によっては少し凹むこともありますが、ほとんど目立つことはありません。
治療費は保険適応の場合は大きさと数により金額が変わってきますが、おおよそ6,000円~15,000円程度です。自費診療の場合、治療費は8,000円~24,000円(税別、初診料再診料別途)です。

ホクロのレーザー治療とは?

ホクロの除去方法の一つとして、炭酸ガス(CO2)レーザーによるくりぬき法があります。隆起した部分やメラニンを含めたホクロ全体を蒸散させて削り取る治療です。治療後はぽっかりと穴があいた状態になり、欠損した部分の皮膚は軽度の浸出液を伴う傷の状態になりますが、約1週間~10日前後で皮膚が再生して治癒します。
具体的な手順としては、まずホクロが悪性でないかの確認をおこなってから局所麻酔を行います。
その後、炭酸ガスレーザーで蒸散させる部分にマーキングを行い、実際にホクロを炭酸ガスレーザーで切除します。治療時間は約5分~10分ほどで済みます。ホクロが除去されたら、小さいものは傷に軟膏が塗り、大きめのものは創傷被覆材のテープで保護します。
手術後、傷が完全にふさがる1~2週間は、軟膏や傷を早く治すテープで覆っておく必要があります。傷がふさがってからも、多少赤みが残る場合もありますが、時間が経つにつれて、徐々に赤みも消えていきます。

炭酸ガスレーザーのメリット

炭酸ガスレーザーは平坦なホクロのほか、Qスイッチレーザーでは治療が難しい盛り上がったホクロや、色調が淡いホクロなど、様々なホクロの治療ができるということがメリットです。また、炭酸ガスレーザーによる治療は、1回の治療である程度のメラニン色素を含めた母斑細胞全体を除去できるということもメリットの一つです。
また、手術治療では線状の傷痕がほぼ残ってしまうのに比べると、傷痕が目立ちにくいことなどもメリットです。

ほくろの炭酸ガスレーザーのデメリット

まず、少しでも悪性の疑いがあるホクロは適応外となります。幼少期からあるホクロや青く見えるホクロは、皮膚の深いところまで色素細胞が入り込んでいるため、複数回の治療が必要になってしまう上、完全には取りきれない場合もあります。場合によっては数年たってから追加治療を要することがあります。
炭酸ガスレーザーの治療では痛みを伴うことがあります。そのため局所麻酔が必要になります。小さいものは表面麻酔のみでも可能ですが、大きいもの、深いものは局所麻酔の注射が必要です。また、1度であまり深くまで削りすぎると、陥没してしまったり、逆に盛り上がったりしてしまうことがあるため、再照射する必要がある場合もあります。再発のリスクがあるということ、完全には取りきれないことがあるということがデメリットとして挙げられます。
削った部分が上皮化するまでに時間がかかるため、10日前後軟膏外用やテープ保護などのダウンタイムを要します。また治療後に赤みや炎症後色素沈着が起こることがありますが経過ととともに薄くなっていきます。

よくある質問
一般的なホクロ(単純黒子、母斑細胞母斑)は通常、癌化する可能性はあまりありません。ほかの皮膚と変わりません。ただし、巨大で有毛性の母斑細胞母斑からは悪性腫瘍が発症する頻度が高いことが分かっています。
まずはホクロをきちんと診断することが必要となります。ホクロの診断はダーモスコピーと呼ばれる皮膚顕微鏡で観察を行い癌化の可能性がないか確認を行います。
ホクロは1回のレーザー照射で取りきれることが普通です。炭酸ガスレーザー照射後、約1週間後、約1ヶ月後の再診をお願いしております。取り切れていない場合は追加で照射が必要な場合もあります。
ホクロにより何らかの機能的問題がある場合に保険適応となります。
等の場合です。
完全な美容目的の場合や一度にたくさんのホクロのレーザー照射は保険がきかず、自己負担になりますのでご注意ください。
局所麻酔を用いて治療を行いますので、治療中は痛みが軽減されます。ただ、麻酔薬を注入する際にチクッとした痛みはあります。極細の針を用いて麻酔薬を注入することで痛みを最小限にしています。
ほんのわずかですが、痕が残ります。ホクロの治療を全く傷跡なく治療することは不可能です。傷跡を極限まで小さくするように心がけております。治療した部位にもよりますが、1cm未満の通常サイズのホクロであれば、ほぼ傷跡がわからないことの方が多いです。
運動制限は特にありません。ただし、紫外線に当たると痕が残ったり、炎症後の色素沈着の原因となるので、長時間の屋外での運動はお控えください。
レーザー治療当日の入浴はお控えになり、シャワーでお願いします。
治療翌日からは入浴可能です。
まれに再発することがあります。逆に強いパワーで完全に除去するためにレーザーを当てると逆効果のこともあります。