HOME -> 診療科目 -> 肝斑(カンパン)

肝斑(カンパン)

肝斑とはシミの一種で、30~50歳代に多く、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などに境界が比較的はっきりしており、淡褐色・薄茶色のシミが左右対称性に現れてきます。通常のシミとなかなか区別が難しいこともあります。
肝斑の原因はまだはっきりしていませんが、紫外線、妊娠・経口避妊薬(ピル)などによる女性ホルモンのバランス変化、エステ器具などによる機械的刺激に毛細血管の出血や拡張などが考えられています。
紫外線予防や美白ケアやビタミンCの補給でも、なかなか効果が感じられないような消えないシミには、肝斑の可能性があります。

肝斑の治療法

トラネキサム酸(トランサミン)や、ビタミンC、ビタミンBや各種ビタミン剤の内服、ハイドロキノンやレチノイン酸の外用剤のほかに、最近ではレーザートーニングという新しいレーザー治療が可能となりました。 当院では、キュテラ社製マイキューデュアルによるレーザートーニングを行い、従来の内服や外用剤などの基本的な治療に加えて、より効果的な複合治療を行っております。

myQdual:マイキューデュアル(QスイッチYAGレーザー)

当院のレーザートーニングは、QスイッチYAGレーザーの新世代機種であるマイキューデュアルを使って、何回かにを分けながら優しくレーザーを当てる治療法です。
これまでのレーザー照射はスポット的なシミには効果的でしたが、肝斑には向かないものでしたが、マイキューデュアルによる治療ではレーザーがフラットに照射されるトップハット型で、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的なレーザートーニングによるシミ・肝斑治療が可能です。
さらに、マイキューデュアルによる治療は、シミやくすみ以外にも、開いた毛穴を改善し、お肌にハリとツヤを与える効果があります。
レーザートーニング後はご自宅でのケアとして、院内で処方している乾燥予防の化粧品、UVケア商品(ヘリオケア)などを使用することを推奨しています。

レーザートーニングとは

レーザートー二ングは、皮膚のメラノサイト(色素を分泌する細胞)を刺激しにくい波長である1064nmのレーザーを低出力で照射することです。この方法で、メラノサイトを活性化させずにメラニン色素を穏やかに除去することができます。安全で効果的にしみ、肝斑やくすみ、炎症後色素沈着などを薄くしていくことが可能です。

パンフレット『レーザートーニングについて』(PDF)

※治療間隔は、約1~2週間毎に治療を行います。
※治療回数は、症状や程度によって異なりますが、6回~10回の治療をおすすめしております。
※ただし、治療効果には個人差があるので、必ずしも完全に消えることはない場合もあります。

肝斑10項目チェック
1 30~40歳代になって、突然シミができてきた。
2 顔(ほほ骨)の辺りに左右対称のシミがある。
3 エステや自宅などでフェイスマッサージを念入りにしている。
4 境界の比較的はっきりとした淡褐色のシミがある。
5 顔をよくこすることがある。
6 普段の生活で強いストレスを感じている。
7 生理周期や季節によって、シミの濃さが変わる。
8 経口避妊薬(ピル)を服用している。または、妊娠の経験がある。
9 サプリメントやビタミン剤の内服をしているが、なかなか効果がでない。
10 7光治療(IPL)やレーザー治療を受けたが、逆にシミが濃くなった。

チェック項目が多い方は、肝斑の可能性があります。 一度ご相談ください。

当院での治療の流れ

当院では美容皮膚科・美容歯科コンシェルジュ(担当:福岳)が患者様の窓口となって、ご一緒に治療計画をお立ていたします。 また、実際に治療を担当する医師は全て女性医師です。

1.問診 美容皮膚科コンシェルジュ(担当:福岳)が問診、治療、料金のご説明を行い、当院での美容治療に関してご説明いたします。そのうえで、患者様お一人お一人にあった治療計画をご提案いたします。
2.医師による診察
月・金:山本医師
水・土:中井医師
患者様お一人お一人の状態を診察し、現在のお肌全体の問題点をご説明いたします。診察の結果と美容皮膚科コンシェルジュと立てた治療計画を再度患者様とご確認いたします。
3.施術 肝斑の状態、色素沈着の種類、お肌全体の肌色(色白・普通・色黒)により、適切な治療設定(パワーなど)を行い、照射を開始します。症状や肌の状態にもよりますが、基本は1~2週間隔で6回ほど治療することをお勧めいたします。
4.クーリング 4、 施術後、クーリングを行い修了となります。また治療後のケアとして、乾燥を防ぐための化粧品や紫外線予防のための治療薬(ヘリオケア)などの処方しております。
よくある質問
30~50歳代の女性に多く、顔の頬骨あたりに左右対称の淡褐色・薄茶色のこすったようなシミとしてあらわれます。
肝斑の原因は明らかになっておりませんが、一般的には紫外線や妊娠、出産、経口避妊薬(ピル)服用などによる女性ホルモンとの関係も原因と考えられています。
また、ストレスや、顔を触りすぎたりする物理的な刺激による炎症が発症原因となることもあります
これまでは肝斑に対し、レーザー治療をおこなうことは禁忌とされてきました。
しかし、当院で行っているレーザートーニング治療は肝斑を悪化させることなく、安全に肝斑を改善させることが可能となりました。さらに、この治療は肌に負担がかからない治療で、ダウンタイムを心配する必要が全くありません。
基本的には可能です。患者様の症状をコンシェルジュがお聞きし、医師が的確に診断し、患者様に合わせた最適な治療方法をご提案いたします。レーザートーニングを行う前に、ハイドロキノン、レイチノイン酸などの外用剤やトラネキサム酸、ビタミンCの内服の治療を行い、ある程度シミを薄くしてから治療をすることも可能です。
チクッとするような軽い痛みはありますが、それほど気にならない程度です。
もし痛みに対して敏感な患者様は、事前に局所麻酔のシールをお貼りしてから治療を行います。
ダウンタイムは全くありません。当日はメイクをしてご帰宅可能です。
ただし、紫外線には極力浴びないようにしてください。また紫外線は肝斑の原因ともなるので、日焼け止めの外用薬、または内服薬(ヘリオケア)を併用されることをお勧めします。
肝斑の程度や範囲により治療回数は異なりますが、目安として6回~10回程度です。
一般的な市販薬は、低用量のトラネキサム酸、ビタミンC、L-システイン(アミノ酸)が主な成分です。肝斑の悪化の予防はできる可能性はありますが、完全に消失させることは難しいことが多いです。
ホームケア

レーザー治療の後はアフターケアにメラニン色素生成を抑制するコスメやトラネキサム酸の内服、紫外線を予防する日焼け止めクリームや内服をお勧めします

ルミキシル(LUMIXYL)


美白美肌効果のある美容液です。お使いの化粧品と合わせてお使いください。シミ予防効・改善効果があり、さらにお肌の状態がプルプル肌になります。

ヘリオケア(HELIOCARE)


飲むタイプの日焼け止め、ジェルタイプの日焼け止めです。
抗酸化作用、皮膚の免疫防御作用、皮膚のDNA損傷防止作用、皮膚のコラーゲン維持作用があります。

ラエンネックPO (ヒトプラセンタサプリメント)


しみ、しわの再発予防、美肌効果のあるサプリメント。
ヒト由来のプラセンタを使用したサプリメントです、1日1回2カプセルの内服で注射1アンプル相当の効果あります。