HOME -> 診療科目 ->アクロコルドン

アクロコルドン

アクロコルドンは主に首にできる微細なイボです。首のほかに腋や鼠径部にも発生します。皮膚の柔らかい場所に好発し、イボ自体は柔らかいのが特徴です。色は肌色で2ミリ~3ミリ程度の小さなイボです。加齢とともに発症が増え、女性や肥満の方に発症することが多いと言われています。

アクロコルドンの原因と特徴

イボにはウィルス感染が原因のものと、そうでないものがありますが、首にできるアクロコルドンは非感染性のイボと言われており、イボが生じる原因は、はっきりとわかっていません。 中年以降の女性に好発し、30代から次第に発症の確率が高くなっていきます。アクロコルドンはイボの大きさは数㎜程度で、色は肌色または褐色です。悪性腫瘍ではなく良性腫瘍なので大きな心配はありませんが、見た目が気になる場合は治療をおすすめします。

アクロコルドンの治療
レーザー治療

アクロコルドンの治療は凍結療法などもありますが、最近ではレーザー治療が主体です。レーザーの種類は炭酸ガスレーザーを用いて、瞬間的に焼き切ります。数が多い場合には数日に分けて治療をおこないます。なお、レーザー治療は保険適応外です。